主婦なら簿記の資格を取るべきというのは働きやすい口が多いから

簿記は副業、パートでも稼げる資格

簿記の資格を取ろうと考えている人の年代、職業は様々です。
就職や転職のために資格を取りたい人、商業高校の学生などで勉強の一環として簿記にチャレンジする人、また、副業や再就職を目的としている人も多いでしょう。

では、簿記の資格はどんな人にお勧めなのでしょうか。
私は、主婦こそ簿記の資格をとるべき、と考えています。それはなぜかというと、

  • 1. パート、アルバイトのチャンスがたくさんある
  • 2. 自宅で出来る仕事もたくさんある

ということで、余った時間や短時間でちょっと家計の足しに働くことが出来るようになるからです。

会計・税理士事務所での勤務や在宅でのアルバイトの仕事もある!

簿記が活躍するのは、おもに会計の分野です。
仕事としては、企業の経理部門で働くというイメージが強いと思いますが、会計事務所や税理士事務所でも活躍できる仕事です。

たとえば、税理士事務所は決算業務だけでなく、月次の記帳代行をしているところも多くあります。
記帳代行は税理士資格がなくてもできるので、簿記の知識のあるパートやアルバイトを雇っている、というわけです。

すべての業務を税理士がやるとなると、税理士の人数をたくさん揃えなければならず、コストが高くなってしまいます。
しかし、アルバイトやパートで対応できればずっとコストを抑えることができ、顧客にとってもメリットがありますよね。

事務所に出勤してコツコツ記帳作業をするほか、自宅のパソコンを使って、在宅で作業する仕事もあります。
在宅作業は、いろいろな募集サイトがあるので興味があったら探してみてくださいね。たとえばこんな感じです。
参考サイトはコチラから

また、決算前の繁忙期だけアルバイトを募集していたり、月末近くの忙しい時期だけの仕事など、記帳代行の仕事は働き方の選択肢も多いのが特徴です。

主婦の場合、

  • ・本格的に働くには時間が取れない
  • ・自分の都合のよいときに働きたいけど、そういう求人がない
  • ・ブランクがあって一歩が踏み出せない
  • ・子供が小さいので自宅をあけられない

など、働くことを難しくするたくさんの要因があります。

しかし、簿記の資格を持っていると、短時間、短期間、自宅作業可能、など、主婦が働きやすい条件がそろっています。

多くの場合、記帳代行といってもパソコンのソフトに入力していくだけなので、簿記の知識があれば、多少ブランクがあってもすぐに慣れると思います。

以上のような理由で、主婦こそ簿記の資格を取るべき、と私は考えています。
月に数千円から数万円程度でも、自分で稼ぐことができたら大きな自信になりますよね。
簿記の資格を取って、一歩踏み出してみましょう。

>>1人で勉強するなら効率の良い教材で!