経理以外の人でも簿記の知識は使えますよ!

簿記を取れば、新入社員は一歩リードするチャンス

多くの人が簿記に持っているイメージとは、「簿記は経理部にでもならなければいらない知識」というものではないでしょうか。
もしくは、「家計簿をつけるための知識」と思っている人も多いと思います。

だから、自分にはあんまり関係ないかな、と感じているのではないでしょうか。それって、とてももったいないです。

「簿記を勉強すると財務諸表が読めるようになるって」どういうこと?

財務諸表とは、ひとことでいうと、企業の成績表です。

  • ・貸借対照表(B/S)
  • ・損益計算書(P/L)
  • ・キャッシュ・フロー計算書(C/F)
  • ・株主資本等変動計算書(S/S)

のことまとめて財務諸表と言います。中でも重要なのが、貸借対照表と損益計算書です。

貸借対照表とは、ある一定期間の企業の財産を表したものです。プラスの財産、マイナスの財産がどれくらいあるのかがわかります。

損益計算書は、ある一定期間の企業の営業成績を表したものです。どれくらい売り上げがあって、利益が出ているのか、赤字なのかがわかります。

たとえば、ある企業の損益計算書を見たら、前期は赤字が出ていたとします。しかし、「赤字の企業と取引するのは危険だな」と考えてしまうのは実は短絡的です。

合わせて貸借対照表を見てみると、多額の設備投資をしていた、ということが見えてくるかもしれません。

2つの指標をみることで、「前期は赤字だけれども、設備投資によって今期や来期は営業規模を大きく拡大し、利益が出そうだ」ということが見えてくるのです。

どうでしょうか、なんだか、できる会社員になった気分ではないですか?

企業分析をできる社員は優位

簿記の試験には、財務諸表の知識を問う科目も含まれているので、財務諸表の作り方・読み方についても勉強していきます。
簿記は、単に経理で必要な知識を勉強するだけでなく、会社員や経営者であればだれでも知っておいて損はない>、むしろ、知らなければ遅れをとるような知識も身につけることができるのです。

とくに新入社員であれば、成績で同僚に差をつけるのはなかなか難しいもの。
しかし、簿記の知識がある、とくに財務諸表が読めるようになっていれば独自に取引先企業の分析ができるようになります。
ただ単に「調子が良い企業」「儲かっていそう」という理由ではなく、しっかりした分析ができれば、営業や取引にも自信が持てるのではないでしょうか。

また、資格を持っているということは大きな自信にもつながります。
簿記の試験はそれほど難しくはなく、受験チャンスも年に3回あるので、働きながらでもチャレンジしてみる価値はあります。

そして、ぜひ2級を目指してみましょう。

>>1人で勉強するなら効率の良い教材で!